育児に関するマウント問題

スポンサーリンク
日常

SNSで家族漫画を描いていると、たまに「〜するべき」というコメントを見かけます。
私の投稿だけでなく、育児漫画などを描いている大好きなママさんへのコメントなどでもよく見られます。

例えば「おおらかに育って欲しいのでズボラ育児を心がけています(^^)」と投稿したら

  • 「もっと頑張った方が良いですよ」
  • 「ズボラにしないとおおらかに育たないのですか?」
  • 「雑な育児で子供が可哀想」
  • 「頑張っている私の子は潔癖症になるんでしょうか」

日本人離れしたディベート力やん?(匿名限定)

実際はもっと過激なDMも…もはやマウントっつーかただの悪口。
もちろんごく一部少数の方の意見なのですが、言われた方はかなーーーーり傷つきます。

以前の記事でも書きましたが、ムカついたり嫌だと感じたら
読まなきゃいいじゃーーーーん!!
ぜひブロックしてくださーい!!

コメントを残しておくと精神衛生上よろしくないので即投稿削除からのブロックしますが、なぜこういった否定的&攻撃的なコメントしてしまうのか、ということについて考察してみました。

もしかして、みんな自分の育児に悩んだり葛藤して正解を探しているからじゃないでしょうか。

どうするのが正解なんだろう、どうしたらこの子にとって最善なんだろう、と。
母親は本当に毎日悩みまくって子供と向き合っています。

だからこそ自分のやり方が否定されている(被害妄想)と感じた時に「それは間違っている!」と言いたくなるのではないのでしょうか。
(それかただ単に人の気持ちが分からないか、悪口言いたいだけ)

正直なにが正解なのかはその子によって違いますよね。

好きな食べ物も、音楽も、遊びも、温度も、匂いも
みんな違います。

私は、母親が子供のことを思って悩み考え導き出した答えは、その子にとっては全部が正解だと思います。

保育園に預けるのも、預けないのも
離乳食を5ヶ月から始めるのも、1歳から始めるのも
薬を使うのも、使わないのも
断乳するのも、卒乳を待つのも…

ぜんぶ正解!

私だって毎日悩んで育児しています。
なにが息子にとっての正解なのか模索してばかりです。
だからこそ「うちではこうしているよ〜」とは言えても「こうすべきだよ!」とは到底言えません。

悩みながらも楽しい毎日を送れるよう頑張っているからこそ、「間違っている!」というコメントは本当に傷つくのです。

母親(父親)には漫画にはしていない部分でたくさんの見えない葛藤や頑張りがあります。
子供のことを一番に考え心配し、思っているのは親以上にいません。
そのことを思えば「頑張ってるね」といって全世界の母親達を抱きしめてまわりたいくらいです。

否定的なコメントを残す方たちが、少しその見えない部分を想像してくださると嬉しいですね。

ほのぼの育児漫画にマウント取ったり、否定したりする人たちが世界からいなくなりますように☆(七夕に書いた内容なのでつい星に願ってしまった)

まぁ私のところに否定的なコメント残した人は片っ端からブロックするから、このブログ見てないと思いますが。

タイトルとURLをコピーしました